橋を架ける −ボストン・チャールズリバー編−

敗血症研究・臨床研究と基礎研究の間で 〰 Knowing is not enough, we must apply. Willing is not enough, we must do 〰

魚の敗血症と初心 −月曜日朝6時半−

先日、日本人研究者が集まる朝食会に初めて参加してきた。

それは毎週月曜日朝6時半から、LongWood Medical Areaにあるカフェで開かれる。

初めてだったので自分の研究のことなど多く質問されて、その中ででてきたのが

 

「魚の敗血症ってないんですか?」

 

敗血症モデルマウスの話をした後に出た質問。

今まで考えたこともなかった、、、

こういう質問・刺激をいただけるのは面白いなと感じた。

ありがとうございます。

 

会の最後に、近日ボストンを立たれる前途有望な若き研究者の話をきいた。

ヴィジョンと信念が明確で、月曜日の朝から感動した。

自分の初心も再認識させていただいた。

ありがとうございます。

 

製薬企業で働いている方や、他の施設で働いてる方とも知り合いになれた。

 

創薬は誰もが描く夢

血管内皮細胞やGlycocalyxを炎症から守る・もしくは再生する薬を作れたら、、、

それはまだまだ先の話。今は目の前の課題をクリアする。

 

ただ、先の話ではあるけれど、若き研究者のおっしゃったように、

患者さんの役に立つという初心を忘れないようにしたい。

 

参加してよかった。