橋を架ける −ボストン・チャールズリバー編−

敗血症研究・臨床研究と基礎研究の間で 〰 Knowing is not enough, we must apply. Willing is not enough, we must do 〰

Harvard Chan School Admitted Student Visit Day.

3月31日に、2017年度から入学する生徒たちへの説明会のようなものがありました。 特に細かい内容があったわけではないですが、来年度同級生になる人達と多少知り合いになれたことはとても有意義でした。

f:id:R3A:20170402222404j:plain

f:id:R3A:20170402222409j:plain

 

 

いろんなバックグランドを持った人材が集まるので、多様性の中で刺激しあって、自身の成長に(できれば関わった人も成長するように)頑張りたいと考えています。

 

午後の部は校舎や大学生寮の説明などが主だったのでそれはスキップして(去年の夏に経験済みなので)学生課の人と授業選択について1時間ほど相談させてもらいました。去年の夏に一緒に勉強したKさんと一緒に行きました。二人で色々相談した結果、曖昧なところもすっきりして、残りの30単位をどうやって自分の成長につなげるか、少しはっきりしてきました。

 

Harvard Business SchoolやMedical School、MITとの単位交換制度もあるので機会があれば利用してみたいですね。