橋を架ける −ボストン・チャールズリバー編−

敗血症研究・臨床研究と基礎研究の間で 〰 Knowing is not enough, we must apply. Willing is not enough, we must do 〰

ボストンに向けて 残り35日

小旅行を終えて本拠地に戻った。綿密に準備したとは言い難いけれど、行く先々で美味しいものを食べ、鳴門の渦潮を見、有馬温泉に癒され、神戸の夜景と豪華なホテル。

とてもよい気分転換になった。

 

ここから徐々に切り替えて、ボストンでの生活を支障なくスタートできるようにしていかなくてはいけない。

 

今いる場所から引っ越す準備も少しづつはじめ、英語も再開する。英語はこの1ヶ月半でかなりできなくなっている。リスニング力とスピーキング力を少しで回復させて、HSPHの授業に臨みたい。下手な英語でいいので、自分の意見でしかるべきタイミングで応えられるよう訓練が必要だ。リスニングは昨年の授業ビデオを見て、フレーズは今までやったものを整理していこう。

 

毎日少しずつ、コツコツやること以外、日本で英語力を上げる方法はない。そもそも生活に必要ないんだから意識して学習しなければ、向上どころか衰える一方。

体力と同じように。脳みそに”英語を使う”ことを再認識させないと。